雲の向こうは青空

日々の幸せに感謝です

子どもの成長

 

最近、中3息子が頼もしくなってきた。

 

中3と言えば思春期真っ最中だと思うけど

うちの息子は思春期と無縁。

 

自分の部屋があるのにリビングで過ごし、

ご飯の時は普通に会話する。

 

最近はニュースの話しをするようになった。

そして息子の考えと私の考えが似ている。

私と視点が似ているのだ。

 

二人でそうだよね、そう思うよね、等と話しをする。

 

そこに小4娘が会話に入ろうと全然別の話題を持ってくる。

娘は学校の出来事を話す。

 娘の話しを聞いた息子の意見がこれまた私と同じだったりする。

 

そうかー。

息子も大人の視点から物事を捉えるようになったんだな、と思う。

 

小学校と中学でこれほど成長に差が出るんだな。

中学の集団生活の中で息子はどんどん変わっていった。

 

身長も抜かされた。

今では私より15cmほど高い。

 

頼りないと思っていた息子が成長していく姿は頼もしい。

 

お子さんが学校に行けなくなった親御さんの話しを聞いた。

 

「学校に通うのが成長への一番の近道なのに、

そこに行かないでわざわざしんどい方に向かっている」

 

そう言っていた。

 

確かに私は息子に特に何かしたわけではない。

ただ息子は毎日学校に行ってるだけ。

 

でも身体も思考もしっかりしてきた。

学校って凄いな。

集団生活って凄いな。

 

集団生活がすべてではないし、それが正解でもない。

どうしても集団行動ができないお子さんもいると思う。

 

でも学校に行くのが「成長の近道」。

これは間違いないと思う。

 

 

 

広告を非表示にする